Rugir Pickups’s blog

手巻きピックアップビルダーの制作解説などギター関連ブログ

フェンダーカスタムショップ出品 Rugir Pickups

しばらくカミナリギターに預けていたカスタムショップ製ストラト94年をオークションに出品しました。

ショップの場所が狭くなって引き揚げてきたものです。

page.auctions.yahoo.co.jp

この年代のカスタムショップのネックは派手な杢が多いです。

TBX回路を使っているのも90年代の特徴です。出音はビンテージライクではなくモダンな感じです。TBXそのものがモダンな音を狙ったものですね。

フロントPUは交換されています。センター・リアはカスタムショップのシールが貼ってあります。

メーカーはわかりませんが、ディマジオ系の気がします。12K とハイパワーですが、トーンをビンテージワックスに替えて、落ち着いた感じに仕上げています。リアはビンテージオイルペーパーを合わせています。

内部配線はいつもの通り、ビンテージ線で単線撚線を場所に合わせて使っています。

1000円スタートですので運が良ければ安く手に入ります。

 

 

P90タイプ音源アップ Rugir Pickups

オーダー頂いていたハムバッカーサイズのP90です。

インダクタンス4.0H/4.6Hと少し高めで、その分中音域よりになっています。

キャパシタンスは40pF/60pFと低めでノイズレベルは低くなります。

リード線もキャパシタンスが高くならないよう2線でシールド無しです。

https://youtu.be/El08pALaPbo

カバーの穴あけ加工、ボビンの制作と全て手作業の自作となっています。

フロントはHFB43、リアはPE43を使用して巻いています。

揺れは結果的に大き目になりました。

動画の中で、ストラト’76とLPベアナックルと比較しています。それぞれの特徴が出ていると思いますが、P90はストラトとLPの中間くらいで、シングルらしいパッキリした音ですね。

PU再出品 Rugir Pickups

HB,STそれからPRE-CBSモデルと出品していましたがいずれも落ちませんでしたので、再出品しました。

定額にしたので、盛り上がりに欠けたのでしょうか?

page.auctions.yahoo.co.jp

page.auctions.yahoo.co.jp

page.auctions.yahoo.co.jp

 

 

新兵器 Rugir Pickups

ストラト用ボビン制作のために新兵器を購入しました。

門構と油圧ジャッキです。

 

f:id:rugirpickups:20210417005307j:plain

下の写真が抜型です。

f:id:rugirpickups:20210417005355j:plain

抜型は数か月前に作ってもらってから、別のハンドル式ジャッキで抜こうとしたのですが、全然力が足りずに、跡をつけるだけに終わっていました。それでも穴ピッチを揃えるには使えたので、ケガキ用にして切り出していました。

門構とダルマジャッキがあれば抜けるかもと思っていたのですがなかなか出モノがなく、探していたところ、上の写真の溶接でできた門構を見つけて購入しました。4トンジャッキがついていたのですが、4トンでは下ボビンt=2.4㎜が抜けなかったので、別に10tジャッキを手配して、昨日から試して、うまく抜けるようになりました。

型屋さんありがとうございます。トーンクラフト製のボビンセットをサンプルで送ってその通りにつくってもらいました。精度はばっちりです。

 

ノイズとハウリング Rugir Pickups

ハウリングはピックアップが余計な振動を拾ってしまうのが原因で、ソリッドボディーの場合、ほぼピックアップワイヤーの固定の甘さに起因します。またゲインが高いとハウリングしやすいです。

ノイズは外来電波の場合と、ポットの劣化やケーブルの場合があります。

外来電波はキャビティシールド、リード線シールド、ピックアップそのもののシールドで低減できますが、ピックアップやリード線のキャパシタンスを低くすることでも低減できます。

巻き数を少なくする、キャパシタンスが下がる巻き方をする、キャパシタンスが低い線材を使う、キャパシタンスが低いシールドを使うという方法もあります。